大阪・東大阪市布施の地に愛され続けている老舗手打ちそば屋いほりが提供するそば打ち教室

そば打ち道場 いほり
東大阪市長堂1丁目29-12
TEL:06-6781-0357

◎近鉄線 布施駅から北へ徒歩7分
ご予約・お問い合わせ
06-6781-0357
電話受付時間:15:00~20:00
蕎麦職人 吉村昭範の技 
そば粉について
国産そば粉100%使用
手打ちそば屋「庵(いほり)」では、季節に応じて最良のそばの実を全国から仕入れて、自家製粉しております。
 石臼を使ってじっくりと挽いて行くため、1日に大量に挽くことはできません。毎日美味しい蕎麦をお届けするために手間ひまを掛け、品質にこだわったそば粉を製粉して使用しています。

そば粉にもいろいろ

そば粉と言っても、全て同じではありません。一般的には「一番粉」「二番粉」「三番粉」「挽きぐるみ」の4種類に分けられています。
 収穫されたそのままを「玄そば」と言います。そして、玄そばは殻に包まれているので、その殻を取り除いたものを「丸抜き」と言います。
※このそば殻を使った枕もあります。
一番粉
そばの実の中心部分の粉で、白くサラサラしており多くがでんぷん質のため、あまり香りも風味もありません。さらしな粉とも呼ばれ、変わりそばにも使用されます。
三番粉
丸抜き実の外側部分で表層部にあたります。甘皮の一部も挽き出されますので色も香りも濃く栄養素なども多く含まれており、そば本来の風味があります。繊維質が多いため食感は好みがわかれるところです。
二番粉
中心部の外側中層部の胚芽と呼ばれる部分がほとんどで、淡緑黄色で香りがあり、たんぱく質などの栄養価にも富んでいます。
挽きぐるみ
玄そばの殻が付いたまま丸ごと製粉したものです。挽いた粉をふるいにかけて大きな殻を取りきます。細かな殻が入っているため色は黒っぽく、食感はぼそつきますが栄養価は高く、そば好きには好む人が多いようです。